FC2ブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブログランキング
札幌創世スクエア~内部リポート~
 猛暑が続いてますが如何お過ごしでしょうか?私も8月は夏バテでぐったりしていました・・・・。本州と比べるとまだマシな方ですが。
さて今更ながら昨年10月にオープンした札幌創世スクエアに行ってきました。中心部から少し外れた場所にあるため今までなかなか行く機会がありませんでした。

sousei-square1.jpg
sousei-square2.jpg
開放的な吹き抜けの空間が広がります。さすがに日差しがきついのか窓にはカーテンが下ろされていました。
カーテンをあげるとTV塔がくっきり見えそうです。

sousei-square3.jpg
 右側には札幌市民交流プラザや立派な図書館が入居しています。
文化芸術劇場(HITARU)の方も見たかったのですがこの日は何か催し物がやっていて当然のことながらチケットなしでは入れませんでした・・・・。札幌の有名なコーヒー店MORIHIKOも入居しています。高層棟の方は残念ながら展望室みたいなものはないようです。HTBが入居しているため高層棟のエントランスにはonちゃんグッズがたくさん販売しています(^^)。

スポンサーサイト
札幌の風景 | 【2019-08-17(Sat) 13:19:00】
Trackback:(0) | Comments:(0)
札幌西武跡地北4西3地区の再開発計画がついに始動!
 お久しぶりです。さて2009年に札幌西武が閉店され空き地のまま長らく放置されていた西武跡地こと北4西3街区。その地区に先日、再開発に向けての大きな動きがあったようです。5/24の道新に以下の記事が掲載されました。


西武跡地含む札幌駅南口の顔づくりへ 準備組合設立

 JR札幌駅南口の札幌西武跡地を含む札幌市中央区北4西3(9900㎡)の再開発に向け、家電量販店ヨドバシカメラ(東京)など全16地権者が23日、再開発準備組合を設立した。再開発ビルは高層部にホテルやオフィス、低層部にヨドバシ店舗など商業施設が入ることが有力視される。2021年度の都市計画決定を経て着工する見通し。北海道新幹線札幌延伸(30年度末)を見据え、20年代中ごろ完成を目指す。
 同組合によると、ビルは1棟で街区全体を占め、南東部分を高層、それ以外は低層とする方向だ。ホテル、オフィスのほか劇場を備える案も浮上。札幌駅前通地下歩行空間ともつながる。
 地権者らは同日、札幌市内で設立総会を開き、組合理事長に、法人としてヨドバシホールディングス(東京)が就いた。同社の藤沢昭和社長は記者会見で「なるべく早く開発し、駅前をにぎやかにしたい」と述べた。建物の規模や総工費などは今後詰める。
 市によると、街区全体での一体開発は、昨年10月に開業した「さっぽろ創世スクエア」(敷地は約1万2千㎡、延床面積約13万㎡)に次ぎ2例目。旧札幌西武は09年閉店し、ヨドバシ側が11年に土地と建物を取得。現在は札幌西武跡地約6300㎡とビル5棟、立体駐車場がある。
<5/24道新の記事より>


seibu1.jpg
北4西3地区。2009年に札幌西武が閉店されてからずっと更地のままです。華やかな駅前通りでここだけ時間が停止しているような感覚です・・・。

n4w3progect.jpg
 一部メディアでは簡単なイメージ図も公開されていました。このような感じのビルになるそうです。
札幌のシンボルとなるビルを目指すと社長も公表しているので札幌一の高さとなる可能性もあるかもしれません。
以前の報道では30階以上のビルとなる可能性もあると言っていました。早く完成パースが見たいです。

札幌の風景 | 【2019-06-30(Sun) 22:35:20】
Trackback:(0) | Comments:(0)
竣工したシティタワー札幌
 お久しぶりです。令和になってから初の書き込みとなります。まあ今日から令和と言われてもピンときませんが(^^)マスコミも令和令和と煽り過ぎな気がします。元号が変わっても日常は今までと変わらず過ぎていきます。
 創世川イーストで建設中のタワーマンションが3月に竣工したようなので見学してきました。シティタワー札幌です。

citytower1.jpg
 歩道橋の上から。地上31階高さ105m。東隣に立つパシフィックタワーとほぼ同じ高さです。販売はシティタワーシリーズでおなじみの住友不動産。これだけ隣接してるとベランダも丸見えだと思います(^^)。

citytower2.jpg
 創世川通りから。頂上までまっすぐに伸びたガラスカーテンウォールのファザードが特徴的なスタイリッシュなデザインのマンションです。
citytower3.jpg
 JRタワー展望室T38から眺めたシティタワー札幌。隣のパシフィックタワー札幌と同化して1棟のマンションのように見えます。
札幌駅から徒歩圏内の創世川周辺にはこのようなタワーマンションが今後も増えると思われます。

 このマンションが建つ北4東1は明治時代に開拓使仮庁舎が置かれ札幌のまちづくりが始まった発祥の地です。ここから札幌の街がスタートしたといっても過言ではありません。当時は将来このような立派なタワーマンションができるなんて想像すらできなかたでしょう(^^)。

札幌の風景 | 【2019-05-14(Tue) 01:32:42】
Trackback:(0) | Comments:(0)
苗穂駅新駅舎開業&周辺で進む再開発
 今日は。久々の更新となります。冬は天気が悪い日が多く更新が途絶えがちになってしまいます。さて先日苗穂駅の新駅舎がついに完成したというので見学してきました。旧駅舎より300m程西に移動して昨年11月に開業しました。

naebo1.jpg
苗穂駅南口。シンプルなイメージです。

naebo2.jpg
南北を結ぶ自由通路。南北の通行が以前よりスムーズにできるようになりました。
電車や線路を見下ろせる約130mのガラススクリーンは撮り鉄の新たなスポットとなりそうです。
今までの歩道橋は撤去されていました。
naebo6.jpg
自由通路から札幌駅方面を眺める。景色を眺めるにはもう少し高さが欲しいところです。

naebo5.jpg
苗穂駅北口。
naebo4.jpg
南口の北3東11地区には2棟のタワーマンションが建設されることになります。25階、27階と高さに少し違いがあります。

naebo8.jpg
苗穂駅構内には再開発の完成模型が展示されていました。苗穂駅周辺には3棟のタワーマンションが一気に林立することになります。苗穂のイメージも大分変わりそうです。

札幌の風景 | 【2019-03-26(Tue) 00:20:54】
Trackback:(0) | Comments:(0)
2019年謹賀新年~JRタワーからの景色をジオラマ撮影~
 遅くなりましたが新年明けましておめでとうございます。今年も当ブログをよろしくお願いいたします。
さて今回は前回のJRタワーからの眺望の続きです。初めてジオラマ撮影にチャレンジしてみました。
ジオラマ撮影とは両端をぼかし中心をクッキリさせることによりミニチュア模型のような効果を生み出す撮影方法です。

t38-2018-6.jpg
札幌駅北口方面。

t38-2018-7.jpg
創世川イースト。

t38-2018-8.jpg

 南方向。初めてにしてはまあまあの出来かと思います。真っ新のチャレンジだったので次回は撮影のコツなどを調べてまたチャレンジしたいです。
今年も再開発が盛んな年になると予想されます。いよいよ南2西3が着工し北8西1の再開発にも進展が出てくるでしょう。

札幌の風景 | 【2019-01-30(Wed) 07:56:04】
Trackback:(0) | Comments:(0)
次のページ