fc2ブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブログランキング
北広島で順調に建設が進むボールパーク
 猛暑もすっかり過ぎ去り、秋の気配を感じる季節になってきました。今回は先日ニュースで建設が進む北広島ボールパークについての報道をやっていたので思い立って車で見学してきました。

ballpark1.jpg
おぉぉ・・・。現場に近づくと目の前に突然巨大なクレーンの群れが見えてきました。

ballpark2.jpg
世界がまだ見ぬボールパークという壮大なキャッチコピーが掲げられています。

ballpark3.jpg
ものすごいクレーンの数です。こんなにクレーンが聳え立つ建設現場は普段なかなか見る機会がありません。
後ろ側の固定屋根も建設が進んでいました。

ballpark4.jpg
スタジアムの全体像が分かるほどかなり建設が進んでいました。報道によるとは3割ほど建設が進捗しているとのこと。

ballpark6.jpg
正面には巨大なガラスカーテンウォールが建設されます。

ballpark5.jpg
現場は北広島高校のすぐ隣にあります。何とも恵まれた環境だと感じました。

ballpark7.jpg
 重機マニア、クレーンマニアにはたまらない光景ではないでしょうか。そういった光景が好きならぜひ現場に行って見ることをお勧めします。建設中の様子が見られるのも今だけなので。

 ボールパーク全体の名称を「北海道ボールパークFビレッジ」、新スタジアムを「エスコンフィールド北海道」と呼ぶようです。
ここでは北広島ボールパークと呼ぶことにします。スタジアムは開閉式屋根で3万5千人程収容でき、天然芝の球場となる予定です。エリア内には他にも温泉施設やレジャー施設も併設され、様々なエンターテインメントが楽しめるまさに夢の施設です。
完成してから数年後には新駅が建設されるようです。これから全国的に北広島が大きく注目される起爆剤となることでしょう。


スポンサーサイト



札幌の風景 | 【2021-09-21(Tue) 23:29:18】
Trackback:(0) | Comments:(2)
再開発が進む苗穂駅周辺のタワーマンションの近況
 記録的な猛暑が長く続きグッタリしている毎日です。暑さに負け更新がしばらく途絶えていましたが先日予定通りオリンピックのマラソンが札幌が行われました。自粛がめられるこういう時期でなければ見に行くことも考えたのですがとにかく大きなトラブルもなく無事終わったようで何よりです(^^)。さて今回は久々に再開発が進む苗穂駅付近を視察してきました。

苗穂駅南口では2棟のタワーマンション、プレミストタワーズ苗穂が建設中です。まずは西側のブライトゲート。この時は23階あたりを建設中でした。写真は6月のものです。

naebo_aqua1.jpg
右側に見えるのは北口に建つグランアルト札幌ステーションタワー。既に上棟しています。

naebo_aqua2.jpg
正面から。完成すると地上27階89mのマンションとなります。これから苗穂駅とは空中回廊で連結されます。

naebo_aqua3.jpg
苗穂駅の自由通路から眺めるブライトゲート。左側にあるのは古株のライオンズスカイタワー札幌です。

naebo_bright1.jpg
こちらは東側のアクアゲート。25階付近まで積み上がっていました。完成すると地上25階85mのマンションとなります。ツインタワーマンションでもブライトゲートと高さと階数が若干違います。

札幌の風景 | 【2021-08-09(Mon) 17:28:59】
Trackback:(0) | Comments:(0)
解体工事の進むススキノのシンボル「札幌ラフィラ」
 今日は。相変わらず自粛期間が長引いてストレスの溜まる今日この頃です。
そのため更新が途絶えがちになってしまいますが街の至るところで再開発は急速に進んでいます。
今回はススキノで長年親しまれてきた札幌ラフィラの解体工事の模様を見に行ってきました。

susukino-build1.jpg
解体前の画像です。ススキノの顔として長年親しまれてきた商業施設ですが・・・

susukino-build2.jpg
現在は解体されすっかり姿を消してしまいました。

susukino-build3.jpg
 北西方面から。元々は1974年にヨ-クマツザカヤとして誕生しました。1994年にロビンソンに改名し、その後再び2009年にロビンソンからススキノラフィラに改名し、2020年に老朽化により解体工事が始まりました。私が物心ついたときはロビンソンと呼ばれていたような気がします。
 跡地にはシネマコンプレックスとホテルが入る地上18階の複合ビルが建設されます。今年中に着工するようです。
 ニッカウヰスキーのヒゲオジサンと並ぶススキノのシンボル的な建物だったのでこの光景は何か寂しいものがあります。
とはいえ地震大国の日本では老朽化による建て替えは避けられません。


札幌の風景 | 【2021-06-22(Tue) 00:01:39】
Trackback:(0) | Comments:(0)
札幌市中心部で建設が順調に進む2大再開発
 今日は。世間はGW期間に突入しましたが去年と同じくまた自粛生活を強いられる連休となりそうです。北海道でも感染者がまた増大してきたのでまだまだ油断はできません。
さて今回は札幌地都心部で建設中の注目の現場を出かけたついでに視察してきました。

まずは駅北口の北8西1現場。
n8w1-6.jpg
 住宅棟の柱となる鉄骨が設置されまさに躯体工事が始まろうとしていました。もう間もなくタワークレーンも設置されそうです。

n8w1-7.jpg

 創世川通りの歩道橋から。以前はしぶとく残っていた古い居酒屋もついに取り壊され仮設の建設事務所が設置されていました。約2haに渡る1街区全体の再開発はなかなか珍しいので通常の建設現場とは迫力が違います。

s2w3-6.jpg
 こちらは大通地区南2西3で建設中の再開発ビル。低層階部分の鉄骨の躯体工事はほぼ終了し保護シートで覆われていました。居住部分も鉄骨の躯体工事が一部始まっていました。

札幌の風景 | 【2021-04-30(Fri) 23:22:41】
Trackback:(0) | Comments:(0)
北5西1で計画中の再開発ビルの詳細が判明!!高さ255mの道内一の超高層ビルに!
 長~い冬も終わり春の息吹が感じられる時節となりました。しかし新型コロナウイルスの感染者が道内でもまた徐々に増えてきたのでまだ注意が必要です。
さて先日、北5西1で計画中の再開発ビルについてのビッグニュースが道新で公表されました。


札幌駅新ビル255メートル 市が構想確定 高さ道内一に

 北海道新幹線札幌延伸に合わせたJR札幌駅南口の再開発事業で、札幌市は12日、市やJR北海道などで作る準備組合が昨年8月に示した新ビル構想2案のうち、高さ約255mの高層ビル建設を軸とした案に絞り込んだと明らかにした。完成すれば道内で最も高いJRタワー(173m)を超え、道内一の高さとなる。5月までに詳細を固め、施設利用方針などを盛り込んだ基本計画を策定する。
 予定地は札幌市中央区北5西1、西2の両街区。準備組合は昨年8月に始まった市の環境影響評価手続きに合わせ、採用したA案と高さ150m~200mのビル2棟を建設するB案の2案を提示していた。
A案では西1に約255m、西2に約64mのビルを建設。両ビルは低層階で結ぶ。両街区1階には都市間バス、路線バスのターミナルを整備する。西1のビルには高級ホテルや高機能オフィスなどが入り、新幹線駅と4階で直結。西2は「札幌エスタ」を解体し、新たな商業施設を作る。2023年度着工、29年秋の完成を目指す。
 市はA案を選んだ理由について「シンボル性の高い拠点を目指す観点から絞り込んだ」とした。同日の市議会予算特別委員会で説明した。 (3/13道新の記事より)


n5w1project.jpg
 <出展:北海道新聞3/13の記事より>
 完成イメージ。隣のJRタワーより遥かに高いビルが誕生することになります。
現在のエスタも解体されて両街区にわたる巨大な商業施設となります。希望していたA案が採用されて感無量です。
5月にまた詳細が公表されるようなのでその時立派な完成パースを拝めるかもしれません。
この構想が最初に出た当時はJRタワーと同規模の高さの超高層ビルとのことでしたが随分スケールアップしたものです。
間違いなく今年一番のビッグニュースですが正直あまりにもスケールのデカい話なので半信半疑な感じは否めません。これからもじっくりと様子を見守っていきたいと思います。

toranomon1.jpg
高さ255mというと国内でもTOP10に入る規模のビルです。写真は昔東京に行った際に撮影した虎ノ門ヒルズ森タワー。地上52階高さ255mなのでこの再開発ビルと同じ高さです。当時は東京でも高さNO1を誇るビルだった記憶があります。順調にいけばこれと同規模のビルが札幌駅東側に誕生することとなります。

札幌の風景 | 【2021-03-30(Tue) 14:16:21】
Trackback:(0) | Comments:(0)
次のページ