fc2ブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブログランキング
2014パリ旅行記3~ルーブル宮殿からシャンゼリゼ通りへ~
 札幌も本州のような猛暑とまではいきませんが冷房なしではキツイ暑い日が連日続いています。夏バテには十分お気を付けください。
昨年パリで悲惨なテロ事件が起きたので追悼の意も込めてしばらく旅行記の続きを中断していましたが久々に再開することにします。厳重な警戒体制のせいかパリではテロがしばらく納まったようですがつい先月は南仏のニースでトラックを使った大規模なテロ事件が発生するなどまだまだ油断の出来ない緊張状態が続いています。犠牲になった方々のご冥福をお祈りします。

tuileries1.jpg

前回の続きから。ルーブル宮殿を抜けシャンゼリゼ通りへ向かいます。
カルーゼル凱旋門を抜けると左右に広がるチェイルリー庭園。典型的なフランス式庭園できれいに手入れされた緑が美しいです。しばらく前まではチェルイリー庭園だと思ってました(笑)
tuileries2.jpg

チェイルリー庭園よりル-ブル方面を望む。噴水広場の周囲にはベンチがあり観光客がくつろげる仕様になっています。
concorde1.jpg
コンコルド広場へ到着。金細工に装飾されたゲートがフランスっぽくてゴージャスです。

concorde2.jpg
ホテルクリヨン。社交界の舞台となるパリを代表する超高級ホテルです。
concorde3.jpg
エジプトのルクソール神殿から送られたオベリスクが中央に聳え立ちます。表面にはヒエログリフ(神聖文字)が刻まれています。その向こうにはエッフェル塔も見渡せます。
コンコルド広場は遥か西にはエトワール凱旋門、エッフェル塔、ブルボン宮、マドレーヌ教会などパリを代表する様々なモニュメントが見渡せる街の中心的な場所となっています。しかしまたフランス革命中にはマリー・アントワネットを初め数々の兵士が処刑された血なまぐさい歴史の舞台でもあります。


champs1.jpg
美しい並木道に出ました。もうシャンゼリゼ通りです。

champs2.jpg
このガラス張りの屋根が印象的な建物はグラン・パレ。パリ万博の際のメイン会場として建設されたギャラリーです。表玄関にHOKUSAIの文字が見えますが葛飾北斎の展覧会をやっているようです。歴史を感じさせる風格のある建物です。

champs4.jpg
「オーシャンゼリーゼー」の歌でお馴染のあのシャンゼリゼ通りに出ました。ブティックやカフェ、映画館などが建ち並んでいます。オペラ座界隈とは違い、幅が広くて歩きやすく、道もきれいです。

champs5.jpg
さすが世界一華麗な目抜き通りと言われるだけあります。劇場や映画館も日本とは違ってオシャレ。

champs6.jpg
ついにエトワール凱旋門に到着しました!一般にパリの凱旋門というとこの門を指しますがパリには他にもグランド・アルシュ、カルーゼル凱旋門などいくつかの凱旋門があります。初めてこの門を見たときはあまりの巨大さと豪華な外観に心を奪われました。それにしてもオペラ座から歩くと結構な距離で汗ダラダラになりました・・・。次回は凱旋門についての記事を載せたいと思います。



スポンサーサイト



海外の風景 | 【2016-08-15(Mon) 11:51:30】
Trackback:(0) | Comments:(0)
パリで発生した同時多発テロ事件について
 11月13日に悲惨なテロ事件がパリで起きました。IS(イスラム国)の過激派がパリのサッカー場や劇場、カフェなどで一般市民を次々に銃で襲撃したのです。パリの同時多発テロ事件で亡くなった方、犠牲となった方に深く追悼の意を表します。

まさかブログでパリを取り上げているときにこんな時間が起きるとは・・・去年の秋にパリ市内をウロウロしていたことを考えると本当に他人事ではないと思います。パリでは今年の1月にシャルリ・アブド新聞社襲撃事件が起きたばかりでテロに対する警備は強化されていたはずなのに何故今回のテロは未然に防げなかったのかということが大いに気にかかります。関係のない市民が無差別にテロの対象となってしまった今回の事件から見てもはやパリは気軽に旅行できる観光地では無くなってしまいました。

 パリはお世辞にも治安のいい観光地とはいえません。メトロにはスリの被害が減らないらしく街中には署名を求めてくる詐欺師もいます。ですがテロリストが劇場や街中でいきなり無差別に市民に銃を乱射する事件が起きるほど治安が悪化するとは想像の域を超えていました。

とある情報番組によるとシェンゲン協定によりEU圏内をパスポートなしで自由に行き来できる状況が武器を持ったテロリストの入国を許してしまう事態を招いてしまったと伝えていました。やはりこの協定を見直し国ごとに国境審査や検問をするべきしょう。一刻も早い治安の回復とテロの再発防止を願うばかりです。

eiffel-color.jpg
同時多発テロの犠牲者を悼みパリの三色旗仕様にライトアップされるエッフェル塔(共同)

海外の風景 | 【2015-11-27(Fri) 23:34:31】
Trackback:(0) | Comments:(0)
パリ旅行記2 オペラ座からルーブル美術館を抜けてコンコルド広場方面へ
パリ旅行記の続きです。
ついに行ってきました。誰もが憧れる花の都パリへ。パリに来るのは3回目です。
まず宿泊しているオペラ座からルーブル宮殿を抜けてシャンゼリゼ通りまで散策してみました。まさしく観光の王道ルートです。

garnier1.jpg
オペラ座のランドマーク、オペラ・ガルニエ。エッフェル塔、凱旋門と並ぶパリのアイコンです。
garnier2.jpg
横から見るとこんな感じです。横に長い構造です。

建物の高さやデザインが見事に統制されたパリの街並み。窓やベランダの装飾がオシャレです。
parisstreet1.jpg
スターバックスもパリ仕様でオシャレです。
paul.jpg
札幌駅にも入ってますね。本場のPAUL。ここのクロワッサンは絶品です。
parisstreet2.jpg
何故かかわいらしい日本語の表記の店が。犬や猫のグッズを売っているショップのようです。
parisstreet3.jpg
オペラ大通からガルニエ宮を望む。似たようなデザインの建物が両側にずらりと並んでいるのが分かります。
louvre2.jpg
ここを抜けるとルーブル美術館に到着です。
louvre4.jpg
いつ見ても荘厳な建物です。
louvre5.jpg
ウェリブ(レンタルサイクル)に乗った人たちが敷地に入っていきます。何かのツアーでしょうか?
louvre3.jpg
ルイ14世が拠点をベルサイユに移すまでは宮殿として使われていただけあり絢爛豪華な建物です。初めて来たときはそのスケールに圧倒されました。
louvre6.jpg
ルーブル美術館といえばこのガラスのピラミッド。夜はライトアップされてとてもキレイです。札幌のモエレ沼公園にも似たようなピラミッドがありますね。美術館への中央入り口となっています。
louvre7.jpg

ルーブルの敷地内にあるカルーゼル凱旋門。ナポレオンがオステルリッツの戦いに勝利したことを記念して建てられた門。
真ん中のアーチの遠くにあの有名な凱旋門が見えるのが分かるでしょうか?
パリにはいくつも凱旋門があります。ここからシャンゼリゼ通りを目指して歩きます。

海外の風景 | 【2015-11-03(Tue) 20:19:12】
Trackback:(0) | Comments:(0)
2014年パリ旅行記
 秋も終盤に近づきそろそろ肌寒い季節になってきました。朝晩はコートが必要な程です。
いつも札幌のネタばかりなのでたまには違うネタを・・・ということで去年の秋頃パリを旅行してきました。
その時の旅行記をダラダラと書き綴っていこうと思います。
これからパリを訪れようと思っている方の参考になれば幸いです。

eiffeltower1.jpg

garnier1.jpg

louvre1.jpg

paris2014-3.jpg

sacre1.jpg





海外の風景 | 【2015-10-13(Tue) 22:19:16】
Trackback:(0) | Comments:(0)
オーストラリア旅行記2
harbourbridge4.jpg
前回に引き続きまたシドニー旅行の写真を紹介します。シドニーのもう一つの有名なシンボル、ハーバーブリッジです。シングルアーチ橋としてはニューヨークのベイヨンヌ橋に続き世界で2番目の長さを誇ります。橋の上を歩いて渡るブリッジクライムと呼ばれるツアーもあります。それにしても日本ではなかなか見られない荘厳な造りの橋だな~。

harbourbridge1.jpg

harbourbridge2.jpg

ミルソンズポイントと呼ばれるノースシドニーの定番の夜景スポットから眺めた夜景です。夜になると華やかにライトアップされます。シドニーの夜景とのコラボが絶妙です。



海外の風景 | 【2010-11-07(Sun) 14:47:45】
Trackback:(0) | Comments:(0)
次のページ