FC2ブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブログランキング
北8西1地区に51階建てツインタワーマンション計画が浮上!!
今日は。いつの間にか毎日雪が降りしきる真冬日が続く季節になってしまいました。
今年も残り1ヶ月弱。1年が経つのはこうしてみるとホントにあっという間です。
しばらく大雪や凍結道路と戦う日々が続きます(^^)。

さて話題は変わりますが札幌駅北口の北8西1地区で計画されている再開発事業がとうとう動き出したようです。
大分前になりますが北海道新聞に以下の記事が掲載されました。


札幌駅北口に51階建て 再開発組合が計画 14年度着工目指す

札幌市北区北8西1地区の地権者ら21人でつくる「札幌駅北口8・1地区市街地再開発
準備組合」は、同地区の再開発事業計画案をまとめた。道内最高層となる地上51階建てのマンション2棟と、商業施設や医療・福祉施設などが入る建物2棟の計4棟を建設する
。2014年度の着工を目指している。
 計画案によると、高さ約170メートルで計850戸が入る超高層マンション2棟と、
このツインタワーに併設して医療・福祉施設が入る15階建ての建物と、商業施設や駐車場として使う5階建ての建物を建設。4棟すべてを下層部分で連結する。完成時期や総事業費は未定だが数百億円規模の事業になる見込みだ。
 同地区は札幌駅の北東約350メートルに位置し、敷地面積は1万1700平方メートル。
近くに札幌第1合同庁舎やオフィスビルが立ち並び、札幌都心の一画になっているが、開発が遅れ、老朽化した木造の住宅や店舗が多い。
 一体的な再開発によって土地の付加価値を高めようと、同地区の地権者や借地人らが1988年に再開発研究会を設立し、再開発を検討してきた。
 09年には再開発準備組合に移行し、伊藤組土建や大成建設から社員派遣などの支援も受け、具体的な計画案の策定を進めていた。
 同組合は、計画案をもとに、近く札幌市と13年度の都市計画決定に向けた協議を始める。決定されれば、市から事業費の補助などが受けられる。

<北海道新聞6月23日朝刊掲載>



n8w1-3.jpg


画像の枠線で囲まれている地区が建設予定地です。
老朽化した古い建物が長らく放置されていた地区ですがようやく来年から再開発が本格的に始りそうです。
当初は50階建てのタワーマンション1棟の計画でしたが予想していたよりも近代的な立派なビル(しかもツインタワー!)が建つようでまずはめでたしです。

n8w1tower.jpg

ネットから拾ってきた北8西1再開発事業の完成パースです。なかなかスタイリッシュな外観でイイ感じです(^^)。これらのビルが完成すれば比較的寂しい印象を受ける北口の光景もかなり華やかになりそうです(^^)。


スポンサーサイト
札幌の風景 | 【2012-12-12(Wed) 10:18:33】
Trackback:(0) | Comments:(0)